耳の聞こえに不安がある方

耳の聞こえに不安のある方へ

 木更津地域自立支援協議会は、木更津市障害福祉課と共に障害のある方への支援をおこなっています。 たとえ耳が不自由でも、次のような福祉サービスを利用すれば地域で自立した生活を送ることができます。どんどん活用しましょう。
木更津市障害福祉課に聴覚障害者相談員が配置されています。 手話・筆談など、必要なコミュニケーション手段で対応します。
月・火・水・金曜日  9:00〜16:00



手話通訳はどのようにして頼めばいいのでしょうか?

聴覚障害者と健常者とのコミュニケーションの円滑化 (病院での受診、授業参観など)や講演会の受講などに 手話通訳者の派遣サービスが受けられます。 障害福祉課に直接ご相談下さい。 または、FAXで申請もできます。 氏名・住所・FAX番号・通訳日時・通訳内容・ 待ち合わせ場所・待ち合わせ時間をご記入の上、FAXしてください。



障害福祉課:0438-25-1213



「要約筆記」とは何ですか?

会話や講演の内容をその場での話の内容を要約して 文字にして伝える筆記通訳のことです。 手話通訳と同じ方法で障害福祉課に申請してください。 (直接でもFAXでも構いません)

※プライベートは固守しますのでご安心ください。



障害福祉課:0438-25-1213



「聴覚障害者用屋内信号装置」とは何ですか?

聴覚障害をお持ちの方が安心して 家庭生活を送ることができるように福祉機器を給付・貸付する制度です。 補聴器・FAX・文字放送チューナー・赤ちゃんの泣き声や ピンポーン、電話のベルなどを光で知らせる機械・光るチャイムなど。

対象:身体障害者手帳を持つ方の障害の程度に応じて 規定されていますので障害福祉課にご相談ください。



障害福祉課:0438-25-1213



どんな団体がありますか?

  • 木更津ろうあ協会
  • 木更津手話サークル


その他、随時情報更新



聴覚障害者・中途失聴・難聴者も入れる施設はありますか?

手話のできるヘルパーがいる施設については千葉県聴覚障害者センターにお問い合わせください。

とにかく相談したい方はこちら>>相談窓口