ご存知ですか?優遇について

相談者及び対象者

税制上の特別措置

税制上の特別措置には、次のような種類がありますが、詳しくはそれぞれの窓口にお問い合わせください。


所得税 | 市県民税 | 相続税 | 自動車税・自動車取得税 | 軽自動車税 |
事業税 | 贈与税 | 小額貯蓄・郵便貯蓄・小額公債<マル優> |


所得税(控除)

[内容]
本人、配偶者又は扶養親族が身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持しているとき

○特別障害者控除
(身障1級・2級/重度知的障害(A以上)/精神障害1級)

控除額…所得税40万円
※同居の場合、扶養控除の加算あり

○障害者控除
(身障 3級〜6級/中度、軽度知的障害/精神障害2・3級)

控除額…所得税27万円
※年末調整または確定申告時に手帳提示
※手帳交付日の属する年の所得から適用

[問い合わせ]勤務先又は木更津税務署(TEL 0438-23-6161)


税制上の特別措置(目次へ)


市県民税(控除)

[内容]
本人、配偶者又は扶養親族が身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持しているとき

○特別障害者控除
(身障1級・2級/重度知的障害(A以上)/精神障害1級)

控除額…住民税30万円
※同居の場合、扶養控除の加算あり

○障害者控除
(身障 3級〜6級/中度、軽度知的障害/精神障害2・3級)

控除額…住民税26万円
※年末調整または確定申告時に手帳提示
※手帳交付日の属する年の所得から適用

[問い合わせ]勤務先又は市役所市民税課(0438-23-8573)


税制上の特別措置(目次へ)


相続税(控除)

[内容]
相続人が障害者であって年齢70歳未満の者

[問い合わせ]木更津税務署(TEL 0438-23-6161)


税制上の特別措置(目次へ)


自動車税・自動車取得税(免除又は減額)

[内容]
障害者本人または障害者と生計を同一にする方が運転し、もっぱら障害者のために利用する自動車に限り、減免の対象となります。 ただし、該当する障害範囲が限定されていますので、あらかじめお問い合わせください。
※営業車両は対象外
※障害者1人につき1台の自動車に限る。
※生計同一証明書は障害福祉課で交付します。

[問い合わせ]木更津県税事務所(TEL 0438-25-1110)


税制上の特別措置(目次へ)


軽自動車税(免除又は減額)

[内容]
障害者本人または障害者と生計を同一にする方が運転し、もっぱら障害者のために利用する自動車に限り、減免の対象となります。 ただし、該当する障害範囲が限定されていますので、あらかじめお問い合わせください。
※営業車両は対象外
※障害者1人につき1台の自動車に限る。
※生計同一証明書は障害福祉課で交付します。

[問い合わせ]市役所市民税課(TEL 0438-23-8573)


税制上の特別措置(目次へ)


事業税(非課税)

[内容]
身体障害者手帳の1級または2級を所持する視覚障害の方が、あん摩、マッサ−ジまたは指圧、はり、きゅう、その他医業に類する事業を個人で営むとき

[問い合わせ]木更津県税事務所(TEL 0438-25-1110)


税制上の特別措置(目次へ)


贈与税(評価額6000万円まで非課税)

[内容]
特別障害者(身体障害者手帳1級及び2級、重度の知的障害者・精神障害者保健福祉手帳1級)が贈与を受ける場合、「特別障害者扶養信託契約」に基づき財産の信託業務を営む銀行に信託したとき

[問い合わせ]木更津税務署(TEL 0438-23-6161)


税制上の特別措置(目次へ)

小額貯蓄・郵便貯蓄・小額公債<マル優>(元本又は額面各350万円までの利子非課税)

[内容]
○身体障害者手帳所持者
○療育手帳所持者
○精神障害者保健福祉手帳所持者
○福祉手当受給者
○特別障害者手当受給者
○障害年金受給者
○障害児福祉手当受給者
○障害基礎年金受給者
○児童扶養手当受給者
○特別児童扶養手当受給者

[問い合わせ]各金融機関等


税制上の特別措置(目次へ)