専門部会

専門部会とは

【構成】
地域の中長期の課題・特別プロジェクトなど地域全体を考える部会として、 分野ごとの実務担当者レベルで構成します。
専門部会として、(1)就労・生活支援部会  (2)こども部会(発達障がいを含む)   (3)広報部会  (4)権利擁護部会の4つの部会を設置します。

【役割】
いずれの部会も原則年4回程度開催され、 障害福祉計画の見直しや地域の状況等を把握し、 新たな施策等を協議会へ提言します。 また、地域ニーズを収集し、地域全体でのイベント(フォーラム・研修会)や 広報誌発行などを企画して、地域のコミュニケーションを図ることも目的とします。

さらに、個別支援会議や調整会議から提出された課題や問題点で、 すぐに対応できない事項や地域全体での調整を要する課題や施策等が生じた場合、 また、新きさらづ障害者プランにおける計画・目標などについて、 調整会議が専門部会へ調査・検討を依頼します。