自立支援協議会とは

協議会の設置目的

  障がい者等、障がい児の保護者、 または介護者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むためには、 障がい福祉サービスの提供体制の確保とともに、 障がい者のニーズに合わせた複数のサービスを 適切に結びつけて調整することや社会資源の有効活用、 改善、開発等を行うため、事業者、雇用、教育、医療等の 関連する分野の関係者のネットワークの構築を図り、 地域ニーズを丁寧に拾い上げ、 必要な支援につなげていく相談支援事業の充実を図ることが最も重要であり、 そのため中核的役割となる「木更津市地域自立支援協議会」を設置するものとします。

【根拠法令等】
障害者自立支援法第77条第1項、 障害者自立支援法施行規則第65条の10(平成18年厚生労働省令第168号) 及び「地域生活支援事業の実施について」 (平成18年8月1日付け障発第0801002号通知)