自立支援協議会とは

障害福祉の現状

  平成21年4月1日現在、木更津市には、 4,250名の身体障がい者、 647名の知的障がい者、393名の精神障がい者の方々が生活をしています。 これは、障害者手帳の交付を受けている人数であるため、 実際にはもっと多くの障がいのある方が市内で生活をされていると推測されます。

  事故がきっかけで、身体にハンディを負う方、 また、ストレス社会と言われる今日では精神疾患になる方々も年々増えており、 「障がい」を持つことは決して他人事ではありません。

  一方、障がいがあっても、環境整備や福祉サービスを活用することで、 イキイキと生活し、社会で活躍されている方々もたくさんいらっしゃいます。